BOXが使用停止に 来月3日から

本学の学生支援センターは31日19時頃、学生団体の代表者宛に配信されたメールの文面で、既に本学団体に対しての活動自粛勧告を4月3日より「強く要請」へ切り替えると発表したうえで、同日から学生会館のボックス(部室)を全て使用禁止にするとした。

また、「強く要請」という表現に切り替えたことやボックスを使用停止にする理由として、本学のリスク管理本部から学生への不要不急の外出を控えるよう通達がなされていること、先日近隣の大学にて集団感染が確認されたこと、既に周知している練習時の注意事項等が、順守されていない事実が判明していることを挙げた。

本日17時頃にはメールにて4月1日以降の学内外問わず勧誘等の中止が勧告され、オリエンテーション実行委員会からの注意喚起がなされていた。

いずれの発表も京都産業大学にて集団感染が確認されたことが大きく影響しているとみられる。ボックスの利用停止期間については期限が示されておらず、学生団体の間に波紋が広がっている。